英語学英米文学専攻の特色

統語論、音韻論、意味論、歴史言語学、英米演劇、英米詩、英米小説、英語科教育法の各分野での講義や演習、特別研究が開講されています。授業担当者は英語のネイティヴスピーカーを含む専門研究者であり、研究活動も盛んです。院生は前期・後期ともに指導教授によるきめ細かい指導を受け、専門領域の知識を深めるとともに、学位論文の作成を目標に日々精進しています。

カリキュラム

博士課程前期

  • 英語学
  • 英文学
  • 米文学
  • 英語教育学
授業科目 単位数
英語学特殊講義Ⅰa 2
英語学特殊講義Ⅰb 2
英語学演習Ⅰ 4又は8
英語学特殊講義Ⅱa 2
英語学特殊講義Ⅱb 2
英語学演習Ⅱ 4又は8
英語学特殊講義Ⅲa 2
英語学特殊講義Ⅲb 2
英語学演習Ⅲ 4又は8
英語学特殊講義Ⅳa 2
英語学特殊講義Ⅳb 2
英語学演習Ⅳ 4又は8
英語学特殊講義Ⅴa 2
英語学特殊講義Ⅴb 2
英語学演習Ⅴ 4又は8
英語学特別講義Ⅰ 2
英語学特別講義Ⅱ 2
授業科目 単位数
英文学特殊講義Ⅰa 2
英文学特殊講義Ⅰb 2
英文学演習Ⅰ 4又は8
英文学特殊講義Ⅱa 2
英文学特殊講義Ⅱb 2
英文学演習Ⅱ 4又は8
英文学特殊講義Ⅲa 2
英文学特殊講義Ⅲb 2
英文学演習Ⅲ 4又は8
英文学特殊講義Ⅳa 2
英文学特殊講義Ⅳb 2
英文学演習Ⅳ 4又は8
英文学特殊講義Ⅴa 2
英文学特殊講義Ⅴb 2
英文学演習Ⅴ 4又は8
英文学特別講義Ⅰ 2
英文学特別講義Ⅱ 2
授業科目 単位数
米文学特殊講義Ⅰa 2
米文学特殊講義Ⅰb 2
米文学演習Ⅰ 4又は8
米文学特殊講義Ⅱa 2
米文学特殊講義Ⅱb 2
米文学演習Ⅱ 4又は8
米文学特殊講義Ⅲa 2
米文学特殊講義Ⅲb 2
米文学演習Ⅲ 4又は8
米文学特別講義Ⅰ 2
米文学特別講義Ⅱ 2
授業科目 単位数
英語教育学特殊講義Ⅰa 2
英語教育学特殊講義Ⅰb 2
英語教育学演習Ⅰ 4又は8
英語教育学特殊講義Ⅱa 2
英語教育学特殊講義Ⅱb 2

博士課程後期

  • 英語学
  • 英文学
  • 米文学
研究指導科目 単位数
英語学特別研究Ⅰ4又は12
英語学特別研究Ⅱ4又は12
英語学特論Ⅰ4
英語学特論Ⅱ4
英語学特論Ⅲ4
研究指導科目 単位数
英文学特別研究Ⅰ4又は12
英文学特別研究Ⅱ4又は12
英文学特別研究Ⅲ4又は12
英文学特別研究Ⅳ4又は12
英文学特論Ⅰ4
英文学特論Ⅱ4
英文学特論Ⅲ4
英文学特論Ⅳ4
英文学特論Ⅴ4
研究指導科目 単位数
米文学特別研究Ⅰ4又は12
米文学特別研究Ⅱ4又は12
米文学特論Ⅰ4
米文学特論Ⅱ4

Webシラバス 科目の詳細はこちら

在校生からのメッセージ

塩田 理紗 さん 平成31年度入学 博士課程前期
私は将来英語教員を志望し、知識の深みと確かな伝達力、近年求められている英語の4技能の向上を目指し大学院に進学しました。授業は少人数制であり、先生からは親身で丁寧なご指導をしていただき、恵まれた環境にあります。また、先輩、同級生の機知に富んだ考え方を聞くことができ、自身に多くの発見と刺激を与えてくれる考え深い時間を過ごしています。“When the root is strong, the fruit is sweet” という Bob Marleyさんの言葉があるように、今後は大学院で英語についてのよりどころとなる強い自分を磨き、実践の現場でも生かしていけたらと思います。
日野 実結 さん 平成31年度入学 博士課程前期
私は大学4年次に平成31年度福岡県教員採用試験を受け合格をいただきましたが、さらに自分の英語力をブラッシュアップさせ教育現場に貢献したいとの思いから、教員採用候補者名簿登載期間の延長の許可を頂いた上で、福岡大学人文科学研究科への進学を決めました。学部の授業とは異なり、少人数でより専門的な知識技能を学ぶことができ、学びへの意欲溢れる同志との意見の交換や共有は大変貴重な時間です。また英語学、英語教育学、米文学、英文学など、英語を多方面から学ぶことができるのも魅力の一つだと思います。大学院修了後は英語教員として働く予定ですが、恵まれた環境に感謝しながら、大学院での学びを現場で活かせるよう、日々精進したいと思います。
冨岡 美穂 さん 平成31年度進学 博士課程後期
私は現在、働きながら大学院に通っています。博士課程前期2年間はすべての講義に出席し、たくさんの知識と充実した時間を満喫しました。修士論文を書く時には苦しいこともありましたが、仕上げた時の達成感と充実感は今までにない、素晴らしい経験でした。しかし2年間はあまりにも短く、自分の研究分野の勉強に物足りなさを感じたため、後期課程に進み、研究者として頑張っていく決意をしました。前期課程とは違い、自分でどんどん研究を進めていかなければいけないので不安でいっぱいですが、大学院の先生方は親身になって相談にのってくださるので、たいへん心強く思います。安心して研究に打ち込める環境にいることを感謝しています。
大宅 由加利 さん 令和2年度進学 博士課程後期
大学院進学の動機は、「ネイティブ・アメリカンの文学を研究したい」、そこからつかみ取ったことが生きていく上での「糧」となればと考えたためです。博士課程前期では、専門分野の先生から直接ご指導頂き、日々多くの新しい視点を得て、修士論文を完成することができました。研究を進める過程で気づいた課題を、引き続き探求したいという思いから、博士後期課程進学を決心しました。大学院では、英語学、英語教育学、英文学、米文学という専門分野の先生方から、多面的に学べる機会があることも大きな魅力です。

修士・博士の学位取得プロセス

博士課程前期

修士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    修士課程又は博士課程前期に2年以上在学した者でなければならない。
  2. 単位要件
    所定の授業科目について合計32単位以上を修得しなければならない。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    4月  オリエンテーション
    11月 Theme & Method(修士論文作成計画発表会)
    12月 『英語学英米文学論集』へ Theme & Methodの原稿提出
  • 2年次において
    10月 修士論文論題提出
    10月 副査を通常委員会にて承認
    1月  修士論文提出
    2月  修士論文最終試験(口頭試問)
    3月  修士論文発表会

博士課程後期

博士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    博士課程後期に3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    前期 修士論文のレヴユー(総点検と見直し)を行う。
    後期 前期のレヴユーに基づき、修士論文の論点の整理と再構築・補強を行う。
  • 2年次において
    前期 1年次の作業を土台として、博士論文の執筆を本格的に開始する。
    後期 前期の作業を継続する。博士論文の中間レヴユーを兼ねて、10月の日本英文学会九州支部大会(もしくはこれに準じる大会)で研究発表を行う。
  • 3年次において
    前期 博士論文のエッセンスを『福岡大学大学院論集』へ投稿・掲載する。
    後期 博士論文を完成させる。