入学試験の概要

課程

博士課程前期・修士課程

博士課程前期

史学専攻、日本語日本文学専攻、英語学英米文学専攻、独語学独文学専攻、仏語学仏文学専攻、教育・臨床心理専攻

修士課程
社会・文化論専攻

博士課程前期・修士課程を修了した学生が進む道は2つ
1. 就職
2. 博士課程後期への進学

博士課程後期

史学専攻、日本語日本文学専攻、英語学英米文学専攻、独語学独文学専攻、仏語学仏文学専攻、教育・臨床心理専攻

入学試験制度

それぞれの課程に入学するための試験は、4つの制度があります。

  1. 一般入学試験
  2. 社会人入学試験
  3. 外国人留学生入学試験
  4. 推薦入学試験 (※英語学英米文学専攻、独語学独文学専攻、仏語学仏文学専攻、教育・臨床心理専攻の【博士課程前期】のみ実施しております。【本学学部生】が対象となるため、詳細は専攻までご確認ください。)

出願資格

入学試験制度によって、出願資格が異なります。詳しくは、入学試験要項をご覧ください。

大学院に関するQ&A

出願にあたり、志望する指導教員に連絡をする必要がありますか。

入学試験要項では、連絡については定めていないため、義務ではありません。 ただし、志望する指導教員が、志願者の研究内容を指導できるかどうか確認しておくことをお勧めします。

教員と直接連絡をとりたいのでメールアドレスを教えてください。

大変申し訳ございませんが、教員個人の連絡先はお伝えすることができません。 本ホームページ各専攻のスタッフの紹介(「もっと見る」)から研究者情報にアクセスしてください。メールアドレスを公開している場合がございますので、ご確認ください。

学部のときに、志願する専門分野とは異なる専門分野を専攻していましたが、出願できますか。

出願資格には専門分野について明記がないため、出願できます。ただし、入学試験では、志願する専門分野の試験が行われます。

過去の問題集はどのようにして入手できますか。

人文科学研究科では、過去実施分を公開しております。大学院事務課内で閲覧とコピーが可能です。公開は、窓口のみとなっており、郵送はいたしておりません。なお、秋季、春季入学試験実施前後には、公開を一時、停止しますのでご注意ください。

夜間開講の教育研究体制を採っている専攻はありますか。

教育・臨床心理専攻博士課程前期・後期は、夜間のみの開講体制を採っています。
夜1時限 18:00~19:30
夜2時限 19:40~21:10