GREETINGS 人文科学研究科長からのメッセージ

人文科学研究科長 森澤万里子

画像素材:PIXTA

 以前にも増してグローバル化が進み、社会的変化が加速する今日においては、「常識」が日々更新され、多様な価値観が示されています。情報が溢れる中、独自の価値観を見出し、それに基づいて多様化する社会に貢献するためには、自国のみならず、他国の社会や文化の形成過程、それぞれの社会・文化・言語の特質、社会と個人の関係、個人と個人の関わり方等、人間性についてもさらに深い知見を得る必要があるでしょう。

 史学、日本語日本文学、英語学英米文学、独語学独文学、仏語学仏文学、教育・臨床心理、社会・文化論の七専攻から成る本研究科では、人間性の究明を究極の目標とし、各分野における深い専門知識の修得を目指します。しかし、それだけでなく、教員と大学院生、そして大学院生同士で議論を重ねることによって思考の柔軟性、独創性、発信力も高めます。人文科学という学問領域に深く足を踏み入れるとともに、自由で独創的な発想と視野の広い人間性を培いたいと考えている皆さん、本研究科にてともに学びましょう。

人文科学研究科長
森澤 万里子

EDUCATIONAL GOAL 教育目標

確固とした理論と実証的方法論を備え、
今日の国際社会に貢献できる人材を養成します。

人文諸科学の各専門分野における専門知識のみならず、確固とした理論と実証的方法論を備え、今日の国際社会に貢献できる人材を養成することを教育理念・目的としており、修士課程・博士課程前期においては、高度な知識と思考力を持つ一般社会人、中学校・高等学校の教員(専修免許状取得)や専門職業人等の育成を目標とし、博士課程後期においては、広い視野を持ちつつ、それぞれの専門領域において独創的かつ社会的に有用な高度専門職業人、大学や研究機関における教員および研究者を養成することを目標とする。

  • 史学専攻
  • 日本語日本文学専攻
  • 英語学英米文学専攻
  • 独語学独文学専攻
  • 仏語学仏文学専攻
  • 社会・文化論専攻
  • 教育・臨床心理専攻

人文科学研究科の理念・目的に基づき、日本史学・東洋史学・西洋史学・考古学のいずれにおいても過不足ないカリキュラムを立て、懇切な個人指導方式による教育を実施する。

博士課程前期

演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、高度な知識とそれに裏打ちされた的確な判断力をもつ一般社会人、中学・高校の教員(社会・日本史・世界史)等の育成をめざす。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力をさらに錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、それぞれの分野で創造的かつ有用な研究でもって社会に貢献する高度な専門職業人、大学や研究機関における研究者を養成することを目標とする。

人文科学研究科の理念・目的に基づき、日本語と日本文学の研究をつうじて真の国際化に寄与するとの観点から、充実したカリキュラムを立て、懇切な個人指導を実施する。

博士課程前期

演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、それによって高度な知識と思考力を持つ中等教育機関における国語教員、その他の社会人を育成することを目標とする。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

人文科学研究科の理念・目的に基づき、英語学・英米文学・英語教育学の各分野において充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施する。

博士課程前期

演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、それによって高度な知識と思考力を持つ中等教育機関における英語教員、その他の社会人を育成することを目標とする。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

人文科学研究科の理念・目的に基づき、独語学・独文学の各分野において充実したカリキュラムを組み、院生の適性と能力に対応した懇切な個人指導を実施する。

博士課程前期

演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、深く言語や異文化を理解できる高等学校の教員(英語・ドイツ語)や専門的知識が求められる職業人を育成する。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者を育成することを目標とする。

人文科学研究科の理念・目的に基づき、フランス語による文化・文学・思想の普遍性を認知し、仏語学・仏文学の各分野で充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施する。

博士課程前期

演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、深く言語や異文化を理解できる高等学校の教員(英語・フランス語)をはじめ、社会的ニーズに即した様々な職業に対応できる即戦力の人材を育成することを目標とする。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者・教育者を育成することを目標とする。

人文科学研究科の理念・目的に基づき、人間社会及び人間文化の二つの研究領域を、さらに後者には文化構造論、思想文化論及び表象文化論の分野を設け、社会学・文化人類学・哲学・宗教学・芸術学を基幹科目とし、調査を主とした実践習得型指導方式によるカリキュラムを立て、懇切な個人指導を実施し、これによって研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させる。

こうした教育を通じて、社会に貢献できる高度な知識をもった博物館・美術館学芸員(民俗・美術)、中学校・高等学校における社会科教員、地方公共団体及びNPO・NGO職員、マスメディアやジャーナリズムに従事する職業人の育成や、一般社会人の教養習得および研究者の育成を目標とする。

夜間大学院として、人文科学研究科の理念・目的に基づき、「教育」と「臨床心理」の2分野において充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施することを目標とする。

博士課程前期

教育分野では地域社会の求める学校教師、高等教育機関の教員、教育学的知見を具備した実践的な指導者育成を目標とし、臨床心理分野では公認心理師及び臨床心理士の資格を取得し、広く社会に貢献する心理専門職を養成することを目標とする。

博士課程後期

前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

3 POLICIES 3つのポリシー

人文科学研究科

人材養成および教育研究上の目的
人文科学研究科は、人文科学の各専門分野における専門知識のみならず、確固とした理論と実証的方法論を備え、今日の国際社会に貢献できる人材を養成することを教育研究の理念とし、自由で独創的な発想と視野の広い人間性を持つ人材の陶冶を目指す。すなわち、本研究科は、世界の潮流を俯瞰し、高度の研究教育をそのなかに定位することによって、広範な展望と批判精神を有する創造的人材の育成を目的とする。本研究科の理念に基づき、修士課程・博士課程前期については、社会の要望に応えて十分な実力を発揮できる知的人材を養成することに力点を置き、博士課程後期については、広い視野を持ちつつも、それぞれの専門領域において独創的かつ社会的に有用な研究を実現できる人材を養成することを目的とする。
3つの方針(3つのポリシー)
学位授与方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程の編成・実施方針
(カリキュラム・ポリシー)
学生の受け入れ方針
(アドミッション・ポリシー)
<博士課程前期・修士>
人文科学研究科は、人材養成の目的および教育研究上の目的のもと、次に掲げる資質・能力を有していると認められる者に、修士(文学/教育学/臨床心理学)の学位を授与する。 人文科学研究科は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、次に掲げる方針に基づき、教育課程を編成・実施する。 人文科学研究科では、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、次に掲げる意欲と能力等を備えた学生・社会人・留学生等を受け入れる。
知識・理解

【学修成果の目標】

  • 専門分野に関する深い知識と理解を有し、それらを複合的に組み合わせて活用することができる。(DP1)

【教育課程の編成】

  • 論文指導科目「演習」と様々な専門分野に関する「特講」や「特殊講義」、講読科目等を置き、専門分野とその関連分野について様々な知識を深めることができるカリキュラムを編成している。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】

  • 科目の性質に即して行われる、講義 (科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)、議論、発表、資料読解の他、学内外における研究成果の発表等を通して、各分野に関する知識を深める。

【学修成果の評価方法】

  • 各授業で与えられた課題(発表、レポート等)の到達度、修士論文等により、評価する。(DP1)

【求める学生像】
人文科学研究科では、当該分野における基礎学力と旺盛な知的好奇心を有し、新たな知見の創出を目指して積極的に課題に取り組む学生を求める。

【到達指標】

  • 研究課題を自ら発見し、論文において独自の見解を表現することができる。(DP1)
  • 最終試験(修士論文口頭試問等)に合格している。(DP1)
技能

【学修成果の目標】

  • 論文作成の際に必要となる文献の厳密な読解力、資料の分析力、語学力、専門分野独特の調査方法、専門領域における実践技能等を修得し、問題の本質を熟慮して論を展開したり、適切な専門的技能を実践することができる。(DP2)

【教育課程の編成】

  • 各専門分野に演習、講義、講読、実習に関する科目を効果的に配置している。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】

  • 演習科目、講義科目、講読科目における講義(科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)、発表、レポートや実習等を通じて、読解力、分析力、調査方法と論文作成の技能、専門領域における実践技能を身に付ける。

【学修成果の評価方法】

  • 各授業で与えられた課題の到達度(発表、レポート等)、修士論文等により、評価する。(DP2)

【到達指標】

  • 修得した技能を活かして研究課題に関する解決方法をレポートや論文等において説得力のある形で提示したり、実践技能を専門領域において適切に活用することができる。(DP2)
  • 最終試験(修士論文口頭試問等)に合格している。(DP2)

【入学者選抜の在り方】
入学者選抜にあたっては、筆記試験において、志望する専門分野に関する基礎的な専門知識や研究に必要な語学力を有しているかが問われる。また、面接や口頭試問では、志望分野において主体的に問題を発見し、問題解決に積極的に取り組む姿勢と能力を有しているかが評価される。卒業論文の提出が求められている専攻では、その内容も精査される。

態度・志向性

【学修成果の目標】

  • 研究倫理に関する基本的な規範意識を身に着けている。(DP3)
  • 自ら研究課題を発見し、その問題を解決しようとする態度と意欲を有している。(DP4)

【到達指標】

  • 研究倫理に基づき、自ら発見した研究課題に関して、独自の見解を積極的に発言し、ひいては口頭発表や論文の形で表現できる。(DP3・DP4)
  • 最終試験(修士論文口頭試問等)に合格している。(DP3・DP4)

【教育課程の編成】

  • 少人数で行われる演習科目、講義科目、文献講読科目を効果的に配置している。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】

  • 演習科目を中心に、講義科目、文献講読科目等において、議論 (科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)、発表、レポート等を通して、また、実習を体験することによって、研究倫理を身につけ、自ら発見した研究課題を解決しようとする意欲を高める。

【学修成果の評価方法】

  • 各授業における議論、発表、レポート等での取り組み方や到達度、「大学院学生倫理セミナー」の受講の有無等により、評価する。(DP3・DP4)
<博士課程後期>
人文科学研究科は、人材養成の目的および教育研究上の目的のもと、次に掲げる資質・能力を有していると認められる者に、博士(文学/教育学/臨床心理学)の学位を授与する。 人文科学研究科は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、次に掲げる方針に基づき、教育課程を編成・実施する。 人文科学研究科では、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、次に掲げる意欲と能力等を備えた学生・社会人・留学生等を受け入れる。
知識・理解

【学修成果の目標】

  • 既存の研究水準を超える新しい研究を体系的に行うために必要となる、もしくは高度な専門職に就くために必要となる、専門分野における最先端の知識を有し、それらを複合的に組み合わせて自らの課題の探求に活用することができる。(DP1)

【教育課程の編成】
論文指導科目「特別研究」と各専門分野に関する「特論」を開講し、国内外の学会における口頭発表や学術論文の公表、ひいては博士論文の作成につながるようなカリキュラムを編成している。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】
少人数で行われる「特別研究」、「特論」における講義 (科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)、議論、発表、レポート等を通じて、また、個別指導を受けて、専門分野に関する知識を深め、展開させる。

【学修成果の評価方法】
各授業における議論、発表、レポート、学術論文、博士論文等により、評価する。(DP1)

【求める学生像】
人文科学研究科では、博士課程前期で培ったスキルをさらに磨き、蓄積してきた研究成果をいっそう広げ、深めようという向上心・探求心を持つ学生を求める。

【到達指標】

  • 修得した知識を的確に把握し、批判的に検証した上で得られた新たな学問成果を国内外の学会における口頭発表や学術論文によって公表できる。(DP1)
  • 博士論文を提出し、合格している。(DP1)
技能

【学修成果の目標】

  • 文献読解・解釈、資料の調査・分析・作成、もしくは専門分野における調査活動を、自立的に行うことができる。(DP2)
  • 既存の研究水準を超える研究を体系的に行うための論述力を有する。(DP3)

【教育課程の編成】
論文指導科目「特別研究」と各専門分野に関する「特論」を開講している。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】
少人数で行われる「特別研究」、「特論」における講義 (科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)、議論、発表、レポート等を通じて、また、個別指導を受けて、文献読解・解釈、資料の調査・分析・作成、もしくは専門分野における調査活動に関する技能、論文執筆の技能等も高める。

【学修成果の評価方法】
各授業における議論、発表、レポート、学術論文、博士論文等により、評価する。(DP2・DP3)

【到達指標】

  • 文献の読解・解釈、調査資料の分析結果を他の研究者にも幅広く活用可能な形で提示できる、もしくは、専門分野における調査活動において指導的な役割を果たすことができる。(DP2)
  • 既存の研究水準を超える学問成果を説得力のある形で国内外の学会における口頭発表や学術論文によって公表できる。(DP3)
  • 博士論文を提出し、合格している。(DP2・DP3)

【入学者選抜の在り方】
入学者選抜にあたっては、筆記試験、修士論文と研究計画書もしくは志望理由書の内容の精査及び口頭試問等により、志望分野に関する深い専門知識と問題発見能力及び問題解決能力が問われる。

態度・志向性

【学修成果の目標】

  • 研究倫理に関する規範意識を身につけている。(DP4)
  • 問題解決へのアプローチの可能性を人文科学の視点から柔軟に探り、独自の方法で展開させようとする姿勢と意欲を持っている。(DP5)
  • 専門分野において後進を指導・育成しようとする意欲を持っている。(DP6)

【到達指標】

  • 研究倫理を身につけた研究者としてもしくは高度専門職業人として、当該分野で中心的な役割を果たすとともに、自立した独創的な活動ができる。(DP4・DP5・DP6)

【教育課程の編成】
論文指導科目「特別研究」と各専門分野に関する「特論」を開講し、個別指導も行う。

【教育課程の実施(教育方法・授業形態等)】
少人数で行われる「特別研究」、「特論」 (科目によりアクティブ・ラーニング、ICTを活用)において議論を重ねたり、研究活動の運営に携わることにより、研究倫理を養い、問題解決へのアプローチ方法を検討する際の思考の柔軟性を培う。

【学修成果の評価方法】
各授業における議論、発表やレポートの内容、博士論文、「大学院学生倫理セミナー」の受講の有無等により、評価する。(DP4・DP5・DP6)

  • 史学専攻
  • 日本語日本文学専攻
  • 英語学英米文学専攻
  • 独語学独文学専攻
  • 仏語学仏文学専攻
  • 社会・文化論専攻
  • 教育・臨床心理専攻

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

3つのポリシーについてはこちら

ASSESSMENT PLAN アセスメントプラン

  • 史学専攻
  • 日本語日本文学専攻
  • 英語学英米文学専攻
  • 独語学独文学専攻
  • 仏語学仏文学専攻
  • 社会・文化論専攻
  • 教育・臨床心理専攻

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら

アセスメントプランについてはこちら