教育・臨床心理専攻の特色

高度専門職業人の養成と社会人のリカレント教育を主目的とした、仕事と両立しながら学べる夜間大学院です。前期は「教育分野」と「臨床心理分野」に分かれ、教育や臨床心理の現場に即した研究と実践のための能力を養成します。後期は教育実践学、臨床心理学の2つの部分から構成されています。

教育分野(前期)では、教育職員専修免許状が取得可能です。特に現職教員の場合、現在取得している幼・小・中・高の一種免許状は専修免許状へ移行できます。

臨床心理分野(前期)では、公認心理師の受験資格が得られます。また、日本臨床心理士資格認定協会の指定する第一種指定大学院です。修了と同時に臨床心理士資格認定試験の受験資格が得られます。なお、本専攻の研究・実習施設として、臨床心理センターが設置されています。加えて病院等と連携した研修や実習を行っています。

ロジャーズの中核三条件

ロジャーズの中核三条件

本山智敬他編著

わかる・役立つ教育学入門

わかる・役立つ教育学入門

植上一希他編

日常のなかの「フツー」を問いなおす

日常のなかの「フツー」を問いなおす

植上一希・伊藤亜希子編

専門学校の教育とキャリア形成

専門学校の教育とキャリア形成

植上一希著

移民とドイツ社会をつなぐ教育支援

移民とドイツ社会をつなぐ教育支援

伊藤亜希子著

高齢者施設における介護職の高齢者理解を援助する面接法

高齢者施設における介護職の高齢者理解を援助する面接法

吉岡久美子著

青少年の日常性を出発点とした異文化間教育

青少年の日常性を出発点とした異文化間教育

伊藤亜希子代表(科学研究費若手研究(B)研究成果報告書)

Japan-Australia Partnership in Health Joint Report on Phase2-Mental Health

Japan-Australia Partnership in Health Joint Report on Phase2-Mental Health

Kumiko Yoshioka et.al(日豪共同研究報告書)

中・独・英・米4か国における教育経営学研究の国際的潮流

中・独・英・米4か国における教育経営学研究の国際的潮流

髙妻紳二郎他(日本教育経営学会国際交流委員会)

障害の重い子どもの発達理解ガイド

障害の重い子どもの発達理解ガイド

徳永豊他編著

カリキュラム

博士課程前期

選択必修科目

  • 教育
  • 臨床心理
授業科目 単位数
教育人間学特講Ⅰ2
教育人間学特講Ⅱ2
教育人間学特講Ⅲ2
教育人間学特講Ⅳ2
教育人間学演習Ⅰ2
教育人間学演習Ⅱ2
教育人間学演習Ⅲ2
教育人間学演習Ⅳ2
教育システム論特講Ⅰ2
教育システム論特講Ⅱ2
教育システム論特講Ⅲ2
教育システム論特講Ⅳ2
教育システム論特講Ⅴ2
教育システム論特講Ⅵ2
教育システム論演習Ⅰ2
教育システム論演習Ⅱ2
教育システム論演習Ⅲ2
教育システム論演習Ⅳ2
教育システム論演習Ⅴ2
教育システム論演習Ⅵ2
授業科目 単位数
臨床心理学特講Ⅰ2
臨床心理学特講Ⅱ2
臨床心理面接特論Ⅰ2
臨床心理面接特論Ⅱ2
臨床心理学研究法特論2
臨床心理学特別演習Ⅰ2
臨床心理学特別演習Ⅱ2
臨床心理査定演習Ⅰ2
臨床心理査定演習Ⅱ2

選択科目

授業科目 単位数
学校教育論特講2
道徳教育論特講2
教育調査・統計論特講2
家庭教育論特講2
地域教育論特講2
生涯学習論特講2
キャリア発達論特講2
国際比較教育論特講Ⅰ2
国際比較教育論特講Ⅱ2
異文化間教育論特講2
青年期教育論特講2
教育学研究特講2
臨床教育論特講2
心理療法特講2
心身医学特講2
臨床パーソナリティー論特講2
臨床心理関連行政論2
臨床心理地域援助論特講2
臨床心理基礎実習Ⅰ2
臨床心理基礎実習Ⅱ2
臨床心理実習Ⅰ2
臨床心理実習Ⅱ2
保健医療分野に関する理論と支援の展開2
福祉分野に関する理論と支援の展開2
教育分野に関する理論と支援の展開2
司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開2
産業・労働分野に関する理論と支援の展開2
心理的アセスメントに関する理論と実践2
心理支援に関する理論と実践2
家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践2
心の健康教育に関する理論と実践2
心理実践実習Ⅰ2
心理実践実習Ⅱ2
心理実践実習Ⅲ2
心理実践実習Ⅳ2
心理実践実習Ⅴ2
心理統計法特論2
教育心理学特論2

博士課程後期

教育実践学

研究指導科目 単位数
教育実践学特別研究Ⅰ4又は12
教育実践学特別研究Ⅱ4又は12
教育実践学特論Ⅰ4
教育実践学特論Ⅱ4
教育調査論特論4
教育人間学特論4

臨床心理学

研究指導科目 単位数
臨床心理学特別研究Ⅰ4又は12
臨床心理学特別研究Ⅱ4又は12
臨床心理学特別研究Ⅲ4又は12
臨床心理学特別研究Ⅳ4又は12
臨床心理学特論Ⅰ4
臨床心理学特論Ⅱ4
臨床心理学特論Ⅲ4
臨床心理学特論Ⅳ4

Webシラバス 科目の詳細はこちら

在校生からのメッセージ

松葉 美咲 さん 平成31年度入学 博士課程前期 臨床心理分野
 私は、学部時代から教育・臨床心理学科に所属しており、将来資格を取得し心理士になりたいという目標のため大学院へ進学しました。夜間大学院のため、日中はセンター業務や実習を行ったり、TAという形で学部の授業に関わったりと、実践という形で学びを得、夜は授業やカンファレンスという丸一日充実した日々を送っています。先生方や先輩方にたくさんの助言やご指導をいただきながら自分の学びを深める日々です。カンファレンスという授業では沢山の先生方が一同に会し話し合う中で、自分にない視点を知るきっかけとなったりより学びを深める時間となったりしています。
 また、実習先の1つに小・中学生を対象とした大学院附設の「ゆとりあ」という適応支援教室があり、そこでの活動を通して入級前の子どもへの丁寧なアセスメントの大切さ、活動が始まった後でも日々の通級生達の変化に目を向けその時にあった支援を行うことの重要性、難しさなどを考えながら、とても有意義な臨床経験を積むことができています。
山形 誉貢 さん 令和元年度入学 博士課程前期 教育分野
 私は、学部時代は本学の歴史学科に所属しており、高校の地理歴史・公民の教員になるために教職課程を履修していました。しかし、教職課程の科目を学んでいるうちに、教育学の内容にひかれていき、教育学にまつわる専門的な知識や研究能力を獲得するために進学しました。進学後は、以前から抱いていた興味関心に沿った内容を追及したり、自分の問題関心について先生方や先輩方からご意見をいただいたりしながら、学習に励む日々を送っています。授業は少人数によるゼミ形式であり、先生や先輩方と近い距離で議論したり意見を出し合うことができるため、自分自身の気づきや考えを主張したりご意見を伺ったりすることがしやすい環境にあります。その他、院生室や研究用個室など研究のための支援や施設は整っており、万全な学習環境の下で研究や論文執筆に取り組むことができます。
  また夜間大学院という特徴を活かして、昼間の時間は授業補助員などの学生スタッフのアルバイトはもちろんですが、哲学カフェなど昼間に開催される学外のイベントにも参加することができます。一方で夜間の授業では、現職の学校教員の方やその他の職場で活躍されている社会人の方とも授業内で交流することができるため、学部の授業よりさらに広く深い刺激を得ることができます。
  大学院生活の中では、様々な方と出会い交流する機会が多くあるため、新たな経験を得る可能性を十分に秘めています。そして多くの方に支えていただきながら、自分が研究したいテーマについてじっくり考えることができる機会を得ることができます。精神的にも身体的にもきつい場面はありますが、今後もこの場で学び続けれることに感謝しながらも、残りの大学院生活を充実したものにしていきたいと思います。

修士・博士の学位取得プロセス

博士課程前期

修士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    修士課程又は博士課程前期に2年以上在学した者でなければならない。
  2. 単位要件
    所定の授業科目について合計32単位以上を修得しなければならない。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    4月  指導教員の決定及び「研究計画書」の提出
    4月  修士論文副査の決定
    各指導教員のもとで、研究指導と進捗状況の確認
  • 2年次において
    各分野の判断により、適宜、研究の概要・進捗状況についての中間発表
    10月 「修士論文題目」の提出
    1月  修士論文提出
    1月   修士論文発表会(口頭試問及び最終試験)

博士課程後期

博士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    博士課程後期に3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    研究テーマ及び計画に関する指導
    4月 履修ガイダンス、主査の決定、研究計画書作成
    6月 博士論文第1 回構想発表会
    10月 博士論文第2 回構想発表会
  • 2年次において
    研究遂行・実践指導とスーパービジョン
    6月 博士論文第1 回中間発表会
    10月 博士論文第2 回中間発表会
  • 3年次において
    研究成果の整理と論文作成指導
    6月 博士論文第1 回発表会
    10月 博士論文第2 回発表会