取得可能な資格・免許

公認心理師(受験資格)
臨床心理士(受験資格)
教育職員免許状(専修免許状)

教育職員免許状(専修免許状)では、中学校教諭専修免許状および高等学校教諭専修免許状を取得できます。

中学校教諭専修免許状
社会
高等学校教諭専修免許状
公民

教育職員免許法に定める所定の条件を満たした場合に限られます。
教育職員免許法の基礎資格、最低修得単位数などの詳細については、お問い合わせください。

詳しい情報はこちら

教職課程教育センター

就職・進路先情報

年度 就職先・進路先
令和3年度 一般社団法人メンタルヘルスサポート九州MHS訪問看護ステーションアトラス福岡
医療法人悠志会パークサイドこころの発達クリニック
武雄市役所
つくば開成福岡高等学校
那珂川市役所
習志野市ひまわり発達相談センター
福岡市子ども総合相談センター
年度 就職先・進路先
令和2年度 社会福祉法人カメリア大村椿の森学園
株式会社日本入試センター
NPO法人アットホーム福祉会
学校法人福岡大学
年度 就職先・進路先
令和元年度 児童発達支援事業所マママとままま
児童養護施設古処学園
福岡県福岡児童相談所
独立行政法人独立病院機構九州がんセンター
福岡市立高取小学校
学校法人福岡大学
年度 就職先・進路先
平成30年度 (株)みんガバ
(株)千乃コーポーション麻布デンタルアカデミー福岡校
滋慶学園グループ
(福)光明童園児童養護施設湯出光明童園
認定NPO法人エデュケーションエーキューブ
福岡医療短期大学
福岡県社会福祉会、行政書士多文化・家族支援事務所
北海道稚内市立稚内東中学校
北九州総合療育センター
福岡市役所(南区保健福祉センター)
年度 就職先・進路先
平成29年度 NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス
(医)貝塚病院
久留米市立江南中学校
佐賀県児童相談所
年度 就職先・進路先
平成28年度 (医)希望ヶ丘病院
(医)熊谷総合病院
(医)草津病院
一般社団法人おひさまクラブさんさん
鹿児島純心女子大学
北九州工業高等専門学校
児童発達支援&放課後等デイサービス しんがくどう
志免町役場
福岡市立西部療育センター
福岡県小学校
福岡県職員
福岡新水巻病院
浜松医科大学精神医学講座 臨床心理研修生

修了生からのメッセージ

福岡県庁 保健医療介護部 健康増進課
精神保健福祉センター 相談指導課
末永 智子さん 令和2年度 博士課程前期 修了
 私は学部時代、「地域で行われている精神保健活動」に関心を持ち、卒業研究を行いました。進路についてはそのまま公務員試験を受け就職しようかと悩んだ時期もありましたが、卒業研究での学びや現場での仕事内容を知るたびに、心理専門職としての資格を取得し専門性を高めた上で仕事に携わりたいと思い、大学院に進学しました。大学院に進学してからは、理論はもちろん、2年間通して学内での実習、学外での実習を継続的に経験しました。入学後は昼間に学内でTAや実習また公認心理師・臨床心理士試験の試験勉強も行い、18時からは授業に出席するという形で、一日中大学院で勉強していることもありました。今振り返ると大学院2年間は忙しくもあり、それとともにあるいはそれ以上に充実した毎日でした。中でも学内外での実習では、1つのケースにしっかりと向き合うことで、傾聴する姿勢やクライエントさんと伴走する大切さ、心理専門職としての在り方を学びました。自分が本当に心理職に就きたいのか、何度も考えさせられ、不安になることもありました。このような日々を乗り越えてこられたのは、同じ目標を持った同期やそれを親身に応援してくださる先生方の支えがあったからだと思います。また同期には、学部から進学した人だけでなく、社会人を経験された方もおられたので、教育や福祉などの他領域のお話を聞くことができたことも勉強になりました。現在仕事をしながら、大学院で学んだことが基盤になっているように感じます。公認心理師、臨床心理士の試験にも合格することが出来、これからも心理専門職として成長できるよう自己研鑽を重ね、邁進していきたいと思っています。
西川 清花さん 令和3年度 博士課程前期 修了
 大学院を修了し、大学院で過ごした二年間を振り返ってみると、とても充実した日々だったと感じています。福岡大学大学院では、臨床心理センターや学校適応支援教室「ゆとりあ」での学内実習に加え、医療・教育・福祉分野での学外実習など多くの実践的な学びを得ることが出来ました。面接を担当し、先生方の指導やサポートを受けながら、クライエントさんがどうして今困っているのか、この場所で何ができるのかと丁寧に向き合う時間はとても有意義な時間でした。また、授業の中で先生方や院生と議論することで、多様な考え方に触れ、自分にはなかった視点で面接を捉え直すこともできました。院生のクライエントさんへの向き合い方や対応を知ることも良い刺激になったと思います。授業に実習にTA業務に修論の作成と、毎日とても忙しい二年間でしたが頼もしい先生方のもとで、同期や先輩、後輩と笑い合い、試行錯誤しながら過ごした時間はかけがえのない物となりました。大学院生活で得た学びや感じたことを大切に、今後も頑張っていきたいと思います。
上野 大輔さん 令和元年度 博士課程前期 修了
 これまでの人生を見つめなおし、これからの人生を楽しむための新しい視点を身に付けたいと思い、大学院を受験しました。これまで小学校の教員としてキャリアを積み上げていく中で、幾度となく悩みや葛藤がありました。また、年月を重ねていく中で組織の中における役割も変わってきました。さらに、青年海外協力隊でフィジーの小学校にて1年間過ごしたことで、国によって教育の在り方が本当に異なることを痛感しました。このような経験から、これからの時代に本当に必要なことは何かを見極めるために、再び学びなおそうと決断しました。2年間の大学院生活を終えて、その決断は間違っていなかったと実感しています。その理由として、自分自身が現在どのような世の中の枠組みの中で動いているのかが見えてきたからです。これは、現場にいるだけでは見えなかったことです。そして、世界中のあらゆる「教育」というものについて、より興味関心が深まりました。これからの人生において追求したい新しいことです。また、今の子どもたちと共に、本当に大切にしなければならないことがはっきりしたことです。それは「コミュニケーション」だと思います。働きながらの学業は想像以上に大変でしたが、様々な人や書物、研究との出会いがあり大変有意義でした。すべてへの感謝とともに、心身の健康を維持し、余生に繋げていこうと思います。
疋田 桃子さん 令和元年度 博士課程前期 修了
 学部時代から福岡大学の人文学部で教育学を学んでおり、引き続き教育学に関する理論を学びながら、より実践的な研究能力や調査能力を身につけたいと考え、大学院に進学しました。実際に入学してみると、フィールドワークやヒアリング調査が想像以上に豊富であり、学部時代の調査活動よりもより一層充実した調査活動をおこなうことができました。また、学内の講義についても全ての講義がゼミ形式であるため、きめ細やかな指導や教授を受けることができました。このような充実した環境のなか、座学で知識や理論をインプットし、調査活動でそれらをアウトプットするという一連の流れを何度も繰り返しおこなうことで学部時代よりも高度な調査能力や研究能力を身につけることができたのだと思います。とりわけ指導教員の紹介で訪れた沖縄県の専門学校では2年間を通して何度も訪問させていただき、教育学に関する多くの知見を得ることができました。私にとってこの2年間は心から学問を楽しみ、今後の人生の糧となるような貴重な時間になりました。修了後はこの経験と知識・知見を活かし、次の代の学生たちが心から学問を楽しむことができる環境を作っていきたいと考えています。
福岡家庭裁判所 家庭裁判所調査官 朝木 里美さん 平成29年度 博士課程前期 修了
 家裁調査官として仕事を続けていく上で,もっと心理臨床の知識を得たいと思うようになったことが,大学院に進学した動機です。家庭裁判所の調査官と聞くと,法律系の仕事と思われる方もいるかもしれませんし,私も大学では法律を専攻していましたが,当事者と面接をしたり人間関係の調整をしたりするには心理学の知識は欠かせません。裁判所の研修で心理学の知見を学ぶ機会はたくさんありますし,同期や先輩は独学で勉強をするなど勉強熱心な人が多いのですが,私はどちらかというと勉強不足で,知識が足りていないという漠然とした不安をずっと抱えていました。そんな時に,福大に夜間の大学院があることを知りました。大学院併設の心理センターでカウンセリングの実習ができることも福大への進学を決めた大きな理由でした。入学してみると,仕事と学業の両立は想像以上に大変でしたが,先生方や同期の支えもあり何とか修了することができました。仕事での面接とカウンセリングは,目的や構造など違う部分も多いですが,クライエントと向き合い,傾聴する経験を重ねることは,家裁調査官として人と向き合う姿勢にも大きな影響を与えてくれたと思います。私が入学した年は,私と同様に仕事をしながら大学院に通っている同期が多く,教育,医療,福祉など,それぞれの現場の実情を聞くことができたことも大変勉強になりました。「学びたい」と思った時が,学ぶべき好機なのだと自分の体験を通して実感しました。苦しい時期もありましたが,福大で学ぶ機会を得られたことは,職業人として人として大きな財産になったと思います。