日本史

梶原 良則 教授

研究または講義のテーマ
幕末の対外的危機と西南地域諸藩の藩政改革
担当科目

博士課程前期

  • 日本史演習
  • 日本史特講Ⅲa・Ⅲb・Ⅲc・Ⅲd
  • 日本史史料講読A・B

博士課程後期

  • 日本史学特別研究Ⅲ
  • 日本史学特論Ⅲ
メッセージ
専門分野は幕末維新期における西南地域諸藩の藩政改革、日本近世史の研究を志す人は一緒に研究しませんか。

もっと見る

西谷 正浩 教授

研究または講義のテーマ
日本中世史
担当科目

博士課程前期

  • 日本史演習
  • 日本史特講Ⅱa・Ⅱb・Ⅱc・Ⅱd
  • 日本史史料講読A・B

博士課程後期

  • 日本史学特別研究Ⅱ
  • 日本史学特論Ⅱ
メッセージ
中世史研究は現在のルーツを探る試みであり、また未知の世界との遭遇です。ともに中世史を学びましょう。

もっと見る

福嶋 寛之 教授

研究または講義のテーマ
1920~60年代、近現代日本における教育を素材とした政治史・思想史
担当科目

博士課程前期

  • 日本史演習
  • 日本史特講Ⅳa・Ⅳb・Ⅳc・Ⅳd
  • 日本史史料講読A・B

博士課程後期

  • 日本史学特別研究Ⅰ
  • 日本史学特論Ⅰ
メッセージ
日本の近現代を扱いますが、受講生の多くは江戸時代や欧米・中国を専門とする院生です。参加を歓迎します。

もっと見る

山田 貴司 准教授

研究または講義のテーマ
日本の中世後期から近世初期にかけての政治史・文化史
担当科目

博士課程前期

  • 日本史演習
  • 日本史特講Ⅵa・Ⅵb・Ⅵc・Ⅵd
  • 日本史史料講読A・B
メッセージ
しっかりと史料を読み込み、情報を整理し、歴史的現象を復元する力、それを研究の現状・課題に即しつつ評価していく力、その成果を他者に伝え、ディスカッションする力を高めたいと思っています。ともに学んでいきましょう!

もっと見る

東洋史

則松 彰文 教授

研究または講義のテーマ
中国近世の社会と経済
担当科目

博士課程前期

  • 東洋史演習
  • 東洋史特講Ⅲa・Ⅲb・Ⅲc・Ⅲd
  • 東洋史史料講読A・B

博士課程後期

  • 東洋史学特別研究Ⅱ
  • 東洋史学特論Ⅱ
メッセージ
現代のアジア、現代の世界に注目しながら、17~19世紀のアジア、清代の中国を深く研究していきます。

もっと見る

山根 直生 教授

研究または講義のテーマ
中国唐宋時代史、徽州地域史・家族史
担当科目

博士課程前期

  • 東洋史演習
  • 東洋史特講Ⅱa・Ⅱb・Ⅱc・Ⅱd
  • 東洋史史料講読A・B

博士課程後期

  • 東洋史学特別研究Ⅰ
  • 東洋史学特論Ⅰ
メッセージ
中国の歴史は日本人にとって近くて遠いものであり、また近現代とそれ以前の様子が大きく異なってみえるものです。専門的な史料読解を通して、私はこの壁を乗り越える見方を提供していきます。

もっと見る

西洋史

森 丈夫 教授

研究または講義のテーマ
初期アメリカにおける軍事―社会関係/アメリカ合衆国における市民社会の形成
担当科目

博士課程前期

  • 西洋史演習
  • 西洋史特講Ⅴa・Ⅴb・Ⅴc・Ⅴd
  • 西洋史史料講読A・B

博士課程後期

  • 西洋史学特別研究Ⅰ
  • 西洋史学特論Ⅰ
メッセージ
大学院では、学部時代とは比べ物にならないくらい充実した勉強ができます。私のゼミでは、参加者全員で最新の歴史学の学説に関する論文を熟読し、討論しており、受講生は自らの知見や研究の材料を蓄積しています。

もっと見る

考古学

桃崎 祐輔 教授

研究または講義のテーマ
ユーラシア騎馬文化・東アジア仏教考古学・歴史考古学
担当科目

博士課程前期

  • 考古学演習
  • 考古学特講Ⅲa・Ⅲb・Ⅲc・Ⅲd
  • 考古学方法論A・B

博士課程後期

  • 考古学特別研究Ⅱ
  • 考古学特論Ⅱ
メッセージ
新発見が続く考古学では、時々刻々と資料と研究が更新されていきます。一緒に探求し、あらたな歴史を描きましょう!!

もっと見る

古澤 義久 准教授

研究または講義のテーマ
東北アジアの先・原史文化(新石器時代~漢代・原三国時代および縄文時代~弥生時代)・中国貨幣史
担当科目

博士課程前期

  • 考古学演習
  • 考古学特講Ⅱa・Ⅱb・Ⅱc・Ⅱd
  • 考古学方法論A・B
メッセージ
東アジアの考古学を理解することは日本の考古学を研究する上でも、非常に重要です。福岡の地の利を活かして、臆せず挑戦してみましょう。

もっと見る