史学専攻の特色

本専攻は、日本史・東洋史・西洋史・考古学の4専修に分かれ、それぞれに演習・特講・史料 講読(前期)、特研・特論(後期)が開講されています。

専任教員は、日本史では「政治・経済・文化各面からみた古代・中世史」や「幕末維新期の政治・経済史」、「昭和戦中・戦後期の社会」、東洋史では「唐宋時代史」や「明清社会経済史」、西洋史では「アメリカ史」や「ドイツ現代史・20世紀史」、考古学では「弥生時代~中近世」や「東アジア考古学」などについて研究しています。

そのほか、各専修共に古代から現代に至るまでの各分野について、非常勤の専門家による授業も開講しています。

カリキュラム

博士課程前期

  • 日本史専修
  • 西洋史専修
  • 東洋史専修
  • 考古学専修
部門 授業科目 単位数
日本史専修 日本史演習 4又は8
日本史特講Ⅰa 2
日本史特講Ⅰb 2
日本史特講Ⅰc 2
日本史特講Ⅰd 2
日本史特講Ⅱa 2
日本史特講Ⅱb 2
日本史特講Ⅱc 2
日本史特講Ⅱd 2
日本史特講Ⅲa 2
日本史特講Ⅲb 2
日本史特講Ⅲc 2
日本史特講Ⅲd 2
日本史特講Ⅳa 2
日本史特講Ⅳb 2
日本史特講Ⅳc 2
日本史特講Ⅳd 2
日本史特講Ⅴa 2
日本史特講Ⅴb 2
日本史特講Ⅴc 2
日本史特講Ⅴd 2
日本史史料講読A 4
日本史史料講読B 4
部門 授業科目 単位数
西洋史専修 西洋史演習 4又は8
西洋史特講Ⅰa 2
西洋史特講Ⅰb 2
西洋史特講Ⅰc 2
西洋史特講Ⅰd 2
西洋史特講Ⅱa 2
西洋史特講Ⅱb 2
西洋史特講Ⅱc 2
西洋史特講Ⅱd 2
西洋史特講Ⅲa 2
西洋史特講Ⅲb 2
西洋史特講Ⅲc 2
西洋史特講Ⅲd 2
西洋史特講Ⅳa 2
西洋史特講Ⅳb 2
西洋史特講Ⅳc 2
西洋史特講Ⅳd 2
西洋史特講Ⅴa 2
西洋史特講Ⅴb 2
西洋史特講Ⅴc 2
西洋史特講Ⅴd 2
西洋史史料講読A 4
西洋史史料講読B 4
部門 授業科目 単位数
東洋史専修 東洋史演習 4又は8
東洋史特講Ⅰa 2
東洋史特講Ⅰb 2
東洋史特講Ⅰc 2
東洋史特講Ⅰd 2
東洋史特講Ⅱa 2
東洋史特講Ⅱb 2
東洋史特講Ⅱc 2
東洋史特講Ⅱd 2
東洋史特講Ⅲa 2
東洋史特講Ⅲb 2
東洋史特講Ⅲc 2
東洋史特講Ⅲd 2
東洋史史料講読A 4
東洋史史料講読B 4
部門 授業科目 単位数
考古学専修 考古学演習 4又は8
考古学特講Ⅰa 2
考古学特講Ⅰb 2
考古学特講Ⅰc 2
考古学特講Ⅰd 2
考古学特講Ⅱa 2
考古学特講Ⅱb 2
考古学特講Ⅱc 2
考古学特講Ⅱd 2
考古学特講Ⅲa 2
考古学特講Ⅲb 2
考古学特講Ⅲc 2
考古学特講Ⅲd 2
考古学特講Ⅳa 2
考古学特講Ⅳb 2
考古学特講Ⅳc 2
考古学特講Ⅳd 2
考古学方法論A 4
考古学方法論B 4

博士課程後期

  • 日本史専修
  • 西洋史専修
  • 東洋史専修
  • 考古学専修
部門 授業科目 単位数
日本史専修 日本史学特別研究Ⅰ 12
日本史学特別研究Ⅱ 12
日本史学特別研究Ⅲ 12
日本史学特論Ⅰ 4
日本史学特論Ⅱ 4
日本史学特論Ⅲ 4
部門 授業科目 単位数
西洋史専修 西洋史学特別研究Ⅰ 12
西洋史学特別研究Ⅱ 12
西洋史学特論Ⅰ 4
西洋史学特論Ⅱ 4
部門 授業科目 単位数
東洋史専修 東洋史学特別研究Ⅰ 12
東洋史学特別研究Ⅱ 12
東洋史学特論Ⅰ 4
東洋史学特論Ⅱ 4
部門 授業科目 単位数
考古学専修 考古学特別研究Ⅰ 12
考古学特別研究Ⅱ 12
考古学特論Ⅰ 4
考古学特論Ⅱ 4

Webシラバス 科目の詳細はこちら

在校生からのメッセージ

古林 直基さん 令和2年度入学 博士課程後期
史学専攻最大の特徴は、日本史・東洋史・西洋史・考古学の垣根を超えた密な交流・議論ができるところにあり、様々な角度から歴史を見つめています。
また、歴史学科が運営している学会、七隈史学会は院生が中心となって支えており、院生全員が一つの目標に向かって団結し、それぞれの研究に励んでいます。

修士・博士の学位取得プロセス

博士課程前期

修士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    修士課程又は博士課程前期に2年以上在学した者でなければならない。
  2. 単位要件
    所定の授業科目について合計32単位以上を修得しなければならない。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    4月 「研究計画書」の提出
    各専修の判断により、適宜、研究の進捗状況についての中間報告
  • 2年次において
    各専修の判断により、適宜、研究の進捗状況についての中間報告
    10月 「修士論文題目提出」
    10月  副査決定
    1月  修士論文提出
    1月  修士論文の口頭試問(最終試験)

博士課程後期

博士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    博士課程後期に3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者。

学位申請までのプロセス

  • 研究計画について、適宜指導教員と相談を重ね、博士論文の準備についての骨格をかためる。この間、年度ごとに、随時研究成果を研究会や学会などで口頭発表し、学術雑誌に論文を公表することが望ましい。