仏語学

川島 浩一郎 教授

研究または講義のテーマ
フランス語とくに名詞限定や時制における中和と有標無標型弁別
担当科目

博士課程前期

  • 仏語学演習Ⅱ
  • 仏語学特殊講義Ⅱa・Ⅱb

博士課程後期

  • 仏語学特別研究Ⅱ
  • 仏語学特論Ⅱ
メッセージ
言語研究には論理力、観察力、想像力そして美意識が必要です。データをよく観察し論理的に分析を行うだけでなく、より重要なのは、実は想像力や美意識なのです。そこに言語研究の魅力があります。

もっと見る

山本 大地 教授

研究または講義のテーマ
現代フランス語の書き言葉、話し言葉を対象とした意味論・語用論
担当科目

博士課程前期

  • 仏語学演習Ⅰ
  • 仏語学特殊講義Ⅰa・Ⅰb

博士課程後期

  • 仏語学特論Ⅰ
メッセージ
私は現代フランス語の語彙を一つまたは複数取り上げ、音韻論的、形態論的、統語的な特徴を観察すると同時に、意味の解明を目指すことに取り組んでおります。現在の主な分析対象は、形容詞、間投詞、談話標識です。

もっと見る

仏文学

遠藤 文彦 教授

研究または講義のテーマ
作家作品分析を通した現代フランス文学の理論と実践の研究
担当科目

博士課程前期

  • 仏文学演習Ⅳ
  • 仏文学特殊講義Ⅳa・Ⅳb

博士課程後期

  • 仏文学特別研究Ⅳ
  • 仏文学特論Ⅳ
メッセージ
文学が専門です。これまでピエール・ロチの日本関連の著作、マルグリット・デュラスの映画作品、ロラン・バルトの批評思想について論じ、最近ではフランソワーズ・サガンの小説の再読・再評価に力を入れています。

もっと見る

鈴木 隆美 教授

研究または講義のテーマ
19世紀、20世紀フランス文学/日仏比較文化論
担当科目

博士課程前期

  • 仏文学演習Ⅱ
  • 仏文学特殊講義Ⅱa・Ⅱb

博士課程後期

  • 仏文学特論Ⅴ
メッセージ
プルーストを中心とした19世紀から20世紀のフランスイデアリズム、舞踏論などの研究を行っています。フランス文学・思想の研究を通じて、自分の狭い世界観をヴァージョンアップしていきましょう。

もっと見る

井関 麻帆 准教授

研究または講義のテーマ
18世紀フランス文学、特にルソーを中心とする啓蒙思想家の作品分析
担当科目

博士課程前期

  • 仏文学特殊講義IIa・IIb

博士課程後期

  • 仏文学特論Ⅵ
メッセージ
専門は18世紀フランス文学です。ルソーを中心とする啓蒙思想家の作品分析から、フランス革命の思想的・社会的背景や、近代的家族の誕生について研究しています。

もっと見る

小池 美穂 准教授

研究または講義のテーマ
16世紀フランス文学、特に学問論
担当科目

博士課程前期

  • 仏文学特殊講義Ⅴa・Ⅴb
メッセージ
16世紀においては、学問のジャンルがまだ確立しておらず、学者たちは学問間の混合や分離の必要性を訴え、様々な討論を引き起こします。これらの「混合」あるいは「分離」は何を意味していたのか。当時の学者たちの「学問」の捉え方に焦点を当てて研究しています。

もっと見る