仏語学仏文学専攻の特色

本専攻はフランス文化の持つ普遍性を院生諸君に身に付けてもらうべく、仏語学系は現代 フランス語を主に、仏文学系は19世紀と20世紀を主に、それぞれを専門領域とする専任教員によって構成されており、院生の希望に沿った的確かつきめ細かな研究指導・教育が行われています。

カリキュラム

博士課程前期

  • 仏語学
  • 仏文学
授業科目 単位数
仏語学特殊講義Ⅰa2
仏語学特殊講義Ⅰb2
仏語学演習Ⅰ4又は8
仏語学特殊講義Ⅱa2
仏語学特殊講義Ⅱb2
仏語学演習Ⅱ4又は8
仏語学特殊講義Ⅲa2
仏語学特殊講義Ⅲb2
仏語学演習Ⅲ4又は8
仏語学特殊講義Ⅳa2
仏語学特殊講義Ⅳb2
仏語学演習Ⅳ4又は8
仏語学特別講義Ⅰ2
仏語学特別講義Ⅱ2
授業科目 単位数
仏文学特殊講義Ⅰa2
仏文学特殊講義Ⅰb2
仏文学演習Ⅰ4又は8
仏文学特殊講義Ⅱa2
仏文学特殊講義Ⅱb2
仏文学演習Ⅱ4又は8
仏文学特殊講義Ⅲa2
仏文学特殊講義Ⅲb2
仏文学演習Ⅲ4又は8
仏文学特殊講義Ⅳa2
仏文学特殊講義Ⅳb2
仏文学演習Ⅳ4又は8
仏文学特殊講義Ⅴa2
仏文学特殊講義Ⅴb2
仏文学演習Ⅴ4又は8
仏文学特殊講義Ⅵa2
仏文学特殊講義Ⅵb2
仏文学演習Ⅵ4又は8
仏文学特別講義Ⅰ2
仏文学特別講義Ⅱ2
ヨーロッパ学特殊講義Ⅱa2
ヨーロッパ学特殊講義Ⅱb2
ヨーロッパ学演習Ⅱ4又は8

博士課程後期

  • 仏語学
  • 近代仏文学
  • 現代仏文学
研究指導科目 単位数
仏語学特別研究Ⅰ4又は12
仏語学特別研究Ⅱ4又は12
仏語学特論Ⅰ4
仏語学特論Ⅱ4
研究指導科目 単位数
仏文学特別研究Ⅰ4又は12
仏文学特別研究Ⅱ4又は12
仏文学特別研究Ⅲ4又は12
仏文学特論Ⅰ4
仏文学特論Ⅱ4
仏文学特論Ⅲ4
研究指導科目 単位数
仏文学特別研究Ⅳ4又は12
仏文学特別研究Ⅴ4又は12
仏文学特別研究Ⅵ4又は12
仏文学特論Ⅳ4
仏文学特論Ⅴ4
仏文学特論Ⅵ4

Webシラバス 科目の詳細はこちら

在校生からのメッセージ

肖 宜桐 さん 平成31年度入学 博士課程前期
フランス語を勉強している中、新しい自分と新しい世界を見つけました。学部で学んできた文学や言語学の興味を持ったいることを大学院に入って詳しく先生たちと研究していくことができます。さらに、ルーヴァン大学(UCL) と協定があるので、大学院のみに留学もあります。できたら、応募したいと思っています。
原 菜奈恵 さん 平成31年度入学 博士課程前期
フランス語をもう少し勉強したいと思い福大の大学院を選びました。先生方が熱心に教えてくださるので、とても勉強にやりがいを感じます。大学院では文学や言語学を少人数で学べます。自分でしたい研究が出来るので、学部のときより学習の幅が増えます。

修士・博士の学位取得プロセス

博士課程前期

修士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    修士課程又は博士課程前期に2年以上在学した者でなければならない。
  2. 単位要件
    所定の授業科目について合計32単位以上を修得しなければならない。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    12月 「修士論文計画書」の提出
    1月  中間発表会
  • 2年次において
    10月  「修士論文論題」提出
    10月  副査を通常委員会にて承認する
    1月  修士論文提出
    1月  修士論文発表会

博士課程後期

博士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    博士課程後期に3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    博士論文提出までの3カ年の研究スケジュールを明確化させる指導を行う。
    また、学位論文に不可欠な国内外の専攻研究動向の把握を行わせる。
  • 2年次において
    1年次に続き、国内外の研究動向の本格的な資料収集と分析を促進させる。
    年度末に博士論文提出の可否を認定する。
  • 3年次において
    前期において、博士論文中間報告を行い、予備審査を行う。予備審査で指摘された事項を補完させ、指導教員の推薦の後、研究科委員会の受理を受けて最終審査を行う。