日本語日本文学専攻の特色

日本語学では古代語、近代語、現代語の演習・特講が開講されています。

日本文学は古典文学と近代文学に大別されますが、古典文学では中古・中世・近世と、平安から江戸までの時代ごとに演習・特講が開講されており、近代文学では3人の教員が明治から現代文学まで、散文と詩歌の両ジャンルにわたって演習と特講を担当しています。

また、近代文学では比較文学の特講も行われています。

カリキュラム

博士課程前期

  • 日本語学
  • 日本文学
  • 特別講義
授業科目 単位数
日本語学特講Ⅰa 2
日本語学特講Ⅰb 2
日本語学特講Ⅰc 2
日本語学特講Ⅰd 2
日本語学演習Ⅰ 4又は8
日本語学特講Ⅱa 2
日本語学特講Ⅱb 2
日本語学特講Ⅱc 2
日本語学特講Ⅱd 2
日本語学演習Ⅱ 4又は8
日本語学特講Ⅲa 2
日本語学特講Ⅲb 2
日本語学特講Ⅲc 2
日本語学特講Ⅲd 2
日本語学演習Ⅲ 4又は8
日本語学研究Ⅰa 2
日本語学研究Ⅰb 2
日本語学研究Ⅰc 2
日本語学研究Ⅰd 2
日本語学研究Ⅱa 2
日本語学研究Ⅱb 2
日本語学研究Ⅱc 2
日本語学研究Ⅱd 2
授業科目 単位数
日本文学特講Ⅰa 2
日本文学特講Ⅰb 2
日本文学特講Ⅰc 2
日本文学特講Ⅰd 2
日本文学演習Ⅰ 4又は8
日本文学特講Ⅱa 2
日本文学特講Ⅱb 2
日本文学特講Ⅱc 2
日本文学特講Ⅱd 2
日本文学演習Ⅱ 4又は8
日本文学特講Ⅲa 2
日本文学特講Ⅲb 2
日本文学特講Ⅲc 2
日本文学特講Ⅲd 2
日本文学演習Ⅲ 4又は8
日本文学特講Ⅳa 2
日本文学特講Ⅳb 2
日本文学特講Ⅳc 2
日本文学特講Ⅳd 2
日本文学演習Ⅳ 4又は8
日本文学特講Ⅴa 2
日本文学特講Ⅴb 2
日本文学特講Ⅴc 2
日本文学特講Ⅴd 2
日本文学演習Ⅴ 4又は8
日本文学特講Ⅵa 2
日本文学特講Ⅵb 2
日本文学特講Ⅵc 2
日本文学特講Ⅵd 2
日本文学演習Ⅵ 4又は8
日本文学特講Ⅶa 2
日本文学特講Ⅶb 2
日本文学特講Ⅶc 2
日本文学特講Ⅶd 2
日本文学演習Ⅶ 4又は8
日本文学研究Ⅰa 2
日本文学研究Ⅰb 2
日本文学研究Ⅰc 2
日本文学研究Ⅰd 2
日本文学研究Ⅱa 2
日本文学研究Ⅱb 2
日本文学研究Ⅱc 2
日本文学研究Ⅱd 2
日本文学研究Ⅲa 2
日本文学研究Ⅲb 2
日本文学研究Ⅲc 2
日本文学研究Ⅲd 2
日本文学研究Ⅳa 2
日本文学研究Ⅳb 2
日本文学研究Ⅳc 2
日本文学研究Ⅳd 2
授業科目 単位数
特別講義Ⅰa 2
特別講義Ⅰb 2
特別講義Ⅰc 2
特別講義Ⅰd 2
特別講義Ⅱa 2
特別講義Ⅱb 2
特別講義Ⅱc 2
特別講義Ⅱd 2
特別講義Ⅲa 2
特別講義Ⅲb 2
特別講義Ⅲc 2
特別講義Ⅲd 2

博士課程後期

研究指導科目 単位数
日本語学特別研究Ⅰ 4又は12
日本語学特別研究Ⅱ 4又は12
日本語学特論Ⅰ 4
日本語学特論Ⅱ 4
日本文学特別研究Ⅰ 4又は12
日本文学特別研究Ⅱ 4又は12
日本文学特論Ⅰ 4
日本文学特論Ⅱ 4

Webシラバス 科目の詳細はこちら

在校生からのメッセージ

安岡 祥さん 平成29年度入学 博士課程前期
私にとって大学院の数年間は好きなだけ調べ、考え、悩むことのできる貴重な時間です。大学でやり足りないことがあるなら、それだけで行く意味があると思います。また、大学院では学生の相談に乗ったり学会運営のお手伝いをしたりすることもあるので、刺激的で充実した日々を送ることができます。

修士・博士の学位取得プロセス

博士課程前期

修士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    修士課程又は博士課程前期に2年以上在学した者でなければならない。
  2. 単位要件
    所定の授業科目について合計32単位以上を修得しなければならない。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    4月 オリエンテーション
    9月 大学院生研究発表会において論文の構想あるいは骨子を発表
    3月 年度中の成果を指導教授に提出
  • 2年次において
    10月 修士論文論題提出
    10月 副査を通常委員会にて承認
    1月  修士論文提出
    2月  修士論文最終試験(口頭試問)
    3月  大学院生研究発表会において修士論文を発表
    なお、この間、研究会、学会、雑誌等によって成果を公表することが望ましい。

博士課程後期

博士学位申請のための要件

  1. 在籍期間
    博士課程後期に3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた者。

学位申請までのプロセス

  • 1年次において
    4月 オリエンテーション
    前期 博士論文の構想を立て、指導教員とともに検討する。
    9月(または3月)大学院生研究発表会において論文の構想あるいは骨子を発表
  • 2年次において
    前期 博士論文の執筆を本格的に開始する。
    9月(または3 月)大学院生研究発表会においてその段階における成果を発表
  • 3年次において
    前期 博士論文の中間稿を指導教員に提出
    9月 大学院生研究発表会において中間稿をもとにした研究発表
    後期 博士論文を完成
    なお、この間、年度ごとに随時研究会、学会、雑誌等によって成果を公表することが望ましい。