植野 健造 教授

研究または講義のテーマ
日本近代美術史/芸術の諸相
担当科目
  • 表象文化論演習Ⅰ
  • 表象文化論特講Ⅰ
  • 表象文化論文献講読Ⅰ
メッセージ
美術を中心としつつ、より幅広く、人が創り出す多種多様なヴィジュアルイメージ(視覚表象)を対象として、それらの歴史、解釈、意義などについて考察を行います。

もっと見る

浦上 雅司 教授

研究または講義のテーマ
17世紀ローマの美術理論/美術作品と鑑賞者のまなざし
担当科目
  • 表象文化論演習Ⅱ
  • 表象文化論特講Ⅱ
  • 表象文化論文献講読Ⅱ
メッセージ
私たちの周囲には視覚情報があふれています。テレビはもちろん、SNSに写真や動画が添えられます。MANGAは全世界で通用する言葉ですし、写真やイラストのない本は滅多にありません。現代においてヴィジュアル・メディア・リテラシーは極めて重要ですが、この力は美術研究で蓄積されてきた知見を学んで獲得できます。表象文化論はそれを目的としています。

もっと見る

大上 渉 教授

研究または講義のテーマ
犯罪心理学(特に捜査心理学研究)と認知心理学(応用的記憶研究)
担当科目
  • 人間性心理学
  • 文化心理学
  • 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開(教育・臨床心理専攻 担当科目)
メッセージ
環境に残された行為の痕跡から,我々の個人属性や行動傾向などが読み取れます。その方法を学びましょう。

もっと見る

岸根 敏幸 教授

研究または講義のテーマ
神話と宗教を中心とする思想文化研究
担当科目
  • 思想文化論演習Ⅱ
  • 思想文化論特講Ⅱ
  • 文化構造論文献講読Ⅱ
メッセージ
近年では特に日本神話の研究に専念しています。『古事記』や『日本書紀』といったテキストを深く読み解いて、そこに広がる日本神話の世界を探究してみましょう。

もっと見る

関口 浩喜 教授

研究または講義のテーマ
言語哲学研究
担当科目
  • 思想文化論演習Ⅰ
  • 思想文化論特講Ⅰ
メッセージ
手軽に気軽に「答らしきもの」が手に入る時代にあって、じつは世の中わからないことだらけなのだと気づくことは、それだけでも貴重な経験です。社会・文化論専攻でぜひその貴重な経験をしてください。

もっと見る

髙岡 弘幸 教授

研究または講義のテーマ
近世日本における怪異表象変容、日本の都市の形成・発展・衰退史/怪異の民俗学・文化人類学的研究
担当科目
  • 文化構造論演習Ⅰ
  • 文化構造論特講Ⅰ
  • 比較社会文化論
メッセージ
民俗学の人気やニーズは年々高まっていますが、意外にも本格的に学べる大学院は数えるほどしかありません。民俗学研究の志を持つ方の来訪を心より歓迎いたします。

もっと見る

平井 靖史 教授

研究または講義のテーマ
時間と心の哲学
担当科目
  • 思想文化論演習Ⅲ
  • 思想文化論特講Ⅲ
  • 思想文化論文献講読Ⅰ
  • 思想文化論文献講読Ⅱ
メッセージ
ベルクソンとライプニッツの研究をしています。最近はとくに、時間論と心の哲学の接続の観点から、現代の他分野の知見を活かしつつ研究するスタイルをとっています。

もっと見る

平田 暢 教授

研究または講義のテーマ
合理的選択理論を用いた数理社会学的研究/産業化や地域移動の効果、コミュニティ形成等の地域社会研究
担当科目
  • 社会システム論演習Ⅰ
  • 社会システム論特講Ⅰ
  • 社会・文化基礎論Ⅲ
  • 社会システム論文献講読Ⅱ
メッセージ
社会学の出発点は社会や日常の自明性を疑い「なぜ」と思うこと。社会・文化論専攻で「なぜ」に対する解答(=仮説)を発想する方法と、その仮説を確かめる手続きをマスターし、社会と人間を総合的に考察しましょう。

もっと見る

宮岡 真央子 教授

研究または講義のテーマ
東アジアのエスニシティ、特に台湾先住民に関する文化人類学研究
担当科目
  • 文化構造論演習Ⅲ
  • 文化構造論特講Ⅲ
  • 社会・文化基礎論Ⅳ
メッセージ
文化人類学、台湾の先住民研究が専門です。フィールドワークで他者の生活世界と文化に触れてみませんか。

もっと見る

小笠原 史樹 准教授

研究または講義のテーマ
宗教哲学研究
担当科目
  • 言語文化論
  • 社会・文化基礎論Ⅱ
メッセージ
古代中世のラテン語文献や現代の英語文献などを対象に、「宗教」について哲学的・思想的に研究しています。一旦「今ここ」を離れて古典の世界に耽溺し、古典の視点から再び「今ここ」を捉え直す、という思索の往還運動を、ぜひ体験してみて下さい。

もっと見る

林 誓雄 准教授

研究または講義のテーマ
倫理学、応用倫理学
担当科目
  • 応用倫理学
  • 文化価値論
  • 社会・文化基礎論Ⅰ
メッセージ
現代の自由主義的な社会を生きるにあたり、われわれが「してもよいこと(許容される行為)」と「してはならないこと(禁止される行為)」、そして「しなければならないこと/やるべきこと(義務)」とは何か、それぞれの線引きはどのように決められるのか、そしてその理由は何か。こうしたことを考えるのが「倫理学」という学問です。社会・文化論専攻で、こうしたことについて、共にじっくり考えてみましょう。

もっと見る

中村 亮 准教授

研究または講義のテーマ
文化人類学、漁民文化研究
担当科目
  • 文化構造論演習Ⅱ
  • 文化構造論特講Ⅱ
  • 文化構造論文献講読Ⅰ
メッセージ
東アフリカ(タンザニア、スーダン)と日本の里海地域の生活文化や地域振興、環境保全について調査研究しています。文化人類学を学び、異文化や他者についての考察を深めることで、自文化(自分自身)についてもよく理解できるようになります。

もっと見る

本多 康生 准教授

研究または講義のテーマ
医療社会学・社会問題論・災害社会学(ハンセン病問題、東日本大震災・熊本地震被災地の高齢者支援、民生委員活動)
担当科目
  • 社会システム論文献講読Ⅰ
  • 現代社会論
メッセージ
様々な社会調査の技法を学び、現代の社会問題を調査・分析できる能力を身につけましょう。

もっと見る